ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立公共システム

株式会社日立公共システムの登録マーク

株式会社日立公共システム 本社は、株式会社日立製作所 システム&サービスビジネスとして環境マネジメントシステムに関する国際規格ISO(国際標準化機構)14001:2015の審査を受け、登録されています。
当社では製品・サービスの開発・設計および提供における環境配慮活動に積極的に取り組んでいます。

登録番号:EC02J0400 登録日:1995年7月19日

環境スローガン

『ひとりひとりの愛情で 青き地球を取り戻そう!!』

サイトEMS行動方針

私たち、(株)日立公共システム(本社)は全従業員参加により地球を愛する理念のもと、環境保護活動の実行・維持向上に努めることを宣言します。
当社は、公共分野を主とした情報システム業に従事しているものとして、環境に配慮した情報システムとソリューションの提供による社会の発展と公益への貢献をモットーに社員一丸となって環境保護活動の推進に努めます。

  1. 組織の環境側面に関係して適用される-法的要求事項及び組織が同意するその他の要求事項を順守し、調達先を含め、地球環境の保全を実行する。
  2. 活動、製品及びサービスについて、環境に及ぼす影響を評価し環境目標を制定し、見直しの枠組みを含め、具体的な環境管理計画を立ててこれを実行する。
  3. ステークホルダーとの協創による社会イノベーション事業を通じて、環境課題を解決し、生活の質の向上と持続可能な社会の両立を実現するために以下の重点施策を定め、継続的に環境マネジメントシステムの改善を図り、環境汚染を予防し環境負荷の低減に努める。
    (a)環境に配慮した製品及びソリューションをお客様に提供する。
    (b)持続可能な資源の利用、業務効率向上による環境への負荷を低減し、低炭素社会及び高度循環社会の実現をめざす。
  4. 環境活動成果の積極的な情報公開を通し、従業員の環境保護活動意識を醸成する。
  5. サイトEMS行動方針は、文書化し組織で働く又は組織のために働くすべての人に周知徹底するとともに、求めに応じて社外に開示する。

2017年4月1日
株式会社日立公共システム
代表取締役 取締役社長 栗原 勘仁

環境報告書のダウンロード

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。