ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立公共システム

公共分野のベストソリューションパートナーをめざして

代表取締役 取締役社長 栗原勘仁

私たちは、「『日立精神』のもと、お客さまの信頼に応える新たな価値の創造と質の高いサービスを追求し、豊かな社会の実現に貢献する。」という企業理念に基づき、1986年の創立以来、主に公共分野の情報システム構築によって社会生活や企業活動を支えてまいりました。
これからも官公庁や地方自治体、公共企業体、教育機関などの公共のお客さまを中心としたソリューション・サービス事業の展開を通じて、市民生活や企業活動の安心・安全・快適・便利に貢献していきます。

進歩の早い情報化社会において、社会から求められる技術は複雑化・多様化し続けています。私たちは30年以上にわたって磨き上げてきた技術をさらに発展させ、お客さまのニーズを先取りし、日立グループがめざす「社会イノベーション」の実現に寄与し、より良い社会・人々の生活の実現に貢献したいと考えています。

私たちはこれからもお客さま、パートナーさま、地域社会に支えていただきながら、世の中のニーズに的確にお応えするソリューションやサービスを追求し、公共分野のベストソリューションパートナーをめざしてまいります。

今後とも、ご指導、ご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。

株式会社 日立公共システム
代表取締役 取締役社長

栗原勘仁