ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立公共システム

愛知県津島市公式ホームページをリニューアル

災害対策を強化し「ウェブアクセシビリティJIS」に準拠、誰もが快適に利用できるホームページへ
ニュースリリース

2015年2月2日
株式会社日立公共システム

愛知県津島市公式ホームページをリニューアル
災害対策を強化し「ウェブアクセシビリティJIS」に準拠、誰もが快適に利用できるホームページへ

愛知県津島市のホームページ PC版/スマートフォン版
愛知県津島市のホームページ PC版/スマートフォン版

株式会社日立公共システム(取締役社長:建部 清美)は、愛知県津島市公式ホームページのリニューアルを実施し、2015年1月31日より公開しました。リニューアルにおいては、「ウェブアクセシビリティJIS」に準拠するとともに、自治体向けCMS(コンテンツマネジメントシステム)「4Uweb(フォーユーウェブ)/CMS」をクラウドサービスで導入し、災害時対策と操作性・閲覧性向上を同時に実現しました。

津島市は、「信長の台所」と称された歴史ある町、「津島神社の門前町」として知られており、毎日大勢の市民や観光客が津島市のホームページを利用しています。そこで、今回津島市は、誰もが利用しやすいだけでなく、津島市の魅力や特色を効果的にアピールできるホームページをめざしてリニューアルを行いました。

具体的には、「ウェブアクセシビリティJIS」の等級AA(一部等級AAAの達成基準を含む)に準拠するとともに、ナビゲーションおよび情報構成を利用者目線で再構築しました。また、文字や画像のサイズ・色の変更、音声読み上げ、ふりがな(ルビ振り)ができるアクセシビリティサポートツールや自動翻訳ソフトも導入し、高齢者や障がい者、外国人の利用に配慮しました。さらに、スマートフォンなどのマルチデバイスに対応させることで、利用者の利便性向上を図っています。マルチデバイス対応ページは、「4Uweb/CMS」の操作画面から一括して作成できるため、津島市に関する情報を迅速かつタイムリーに発信できます。

デザインにおいても、津島市の四季折々の魅力が伝わるよう刷新し、近隣市のホームページと差別化を図りました。トップページの画像には津島市の花である「藤」を大きくあしらい、やわらかい色合いで自然と人のあたたかさ、古き良き歴史や文化、情緒あふれる土地柄を表現しています。
また、津島市の魅力をアピールできるコンテンツを追加することで、誰もが快適に利用でき、親しみを感じられるホームページとなりました。

なお、「4Uweb/CMS」は、災害の影響を受けにくい土地に位置する2ヵ所のデータセンターを活用したクラウドサービスで導入しているため、災害発生時においてもホームページの継続運営が可能となり、緊急情報も迅速かつタイムリーに発信することができます。

愛知県津島市公式ホームページリニューアルのポイント

  • WebアクセシビリティJISの等級AA(一部等級AAAの達成基準を含む)への準拠
  • 高齢者・障がい者を含む誰もが目的の情報へ快適にたどりつけるサイト構成
  • 2ヵ所のデータセンターを利用したクラウドサービス導入による災害時業務継続性向上
  • マルチデバイス対応による利用者の利便性向上
  • 津島市の魅力を効果的にPRできる企画サイトの新設
  • 職員が容易にコンテンツの作成・管理ができるCMSの導入

愛知県津島市公式ホームページ

4Uweb Webユニバーサルデザインソリューション

自治体向けCMS「4Uweb/CMS」

商標注記

本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、各社の登録商標または商標です。

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

株式会社日立公共システム
事業推進部 広報担当 森崎/原

〒135-8633 東京都江東区東陽二丁目4番18号
TEL:03-5632-1338

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

関連リンク

4Uweb Webユニバーサルデザインソリューション
障がい者や高齢者など誰もが使いやすいウェブサイトの構築を支援します。コンサルティングからデザイン・システム導入・公開後の運営まで一貫したサービスを提供しています。

4Uweb Webユニバーサルデザインソリューションへ

自治体向けCMS「4Uweb/CMS」
自治体の職員による広報活動を全面的にサポートし、「みんなに伝わる、みんなが集まる、みんなにやさしいホームページ」を実現します。

自治体向けCMS「4Uweb/CMS」へ