ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立公共システム

デザインソリューション

高いユーザーエクスペリエンス(UX)を実現する、優れたユーザーインターフェース(UI)デザインを提供します。

お問い合わせフォーム
デザインソリューションに関する資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ユーザーインターフェースの「デザイン」が、システムの価値を高める

従来、システムは「機能の多さ」「性能の良さ」など、『システム自体の価値』が評価されてきました。しかし昨今、ITサービスやスマートデバイスの急速な普及に伴い、システムを利用するユーザー(利用者)本位の考え方に沿った「ユーザーエクスペリエンス(UX)」と呼ばれる『ユーザーの経験する価値』が注目されるようになってきました。
その中でユーザーインターフェース(UI)はユーザーとシステムとを橋渡しする役割を担っており、高いユーザーエクスペリエンス(UX)を実現するための重要なファクターです。当社ではユーザーインターフェース(UI)のデザインを通して高いユーザーエクスペリエンス(UX)を実現し、システムの価値を高める取り組みを行っています。

ユーザーインターフェース(UI)は、ユーザーとシステムの「橋渡し」役のイメージ図

システムの画面デザインでお困りではありませんか?

  • 【運用負荷】ユーザーからの操作に関する質問が減らない
  • 【生産性】業務効率を改善し、生産性向上に寄与したい
  • 【ユーザビリティ(*1)】徹底的に使いやすさにこだわったシステムを提供したい
  • 【UI】「システムに対する思い」をユーザーインターフェース(UI)に表現したい
  • 【UX】ユーザーフレンドリーなシステムでユーザーエクスペリエンス(UX)を実現したい

そのお悩みを、デザインソリューションが解決します!

*1
ユーザビリティ:ソフトウェア、Webサイトなどの「使いやすさ」。ユーザーが不愉快な思いをせず、効率よく、目的を達成できるようにすること。

デザインソリューションの効果

ユーザー満足度の向上

単なる装飾だけがユーザーインターフェース(UI)デザインではありません。ユーザー本位の考え方に基づいたデザインを行うことで高いユーザー満足度を得られます。

ユーザビリティの向上

ユーザーインターフェース(UI)のユーザビリティ向上は、業務効率の改善だけでなく生産性の向上も可能にします。デザイナーとお客さまとの徹底的な議論を通じて、ユーザビリティに優れたユーザーインターフェース(UI)を提供します。

運用負荷の軽減

リリース後のユーザーサポートは大きな負荷となります。分かりやすいユーザーインターフェース(UI)はユーザーからの操作に関わる質問を減らし、サポート担当者の負荷軽減につながります。

「ユーザーの思い」をデザインする

「ユーザーの思い」をデザインする イメージ図

“システムのデザイン“は一般的に上の図の「Surface:表層」のみが注目されがちですが、すべては「戦略」や「要件」の上に成り立っています。利用者を取り巻く状況や環境を十分に理解し、「利用者の思い」をデザインすることで満足度の高いシステムとなるよう心がけています。

ソリューションメニュー

デザインメニュー
項目 内容

ユーザーインタフェース(UI)デザイン

ユーザビリティやデザインなどの知見から、単に「使いやすい」「分かりやすい」だけではなく、ビジネスのゴールとユーザーニーズをつなぐ優れたデザインを提供します。

デザインコンサルティング

ユーザーエクスペリエンス(UX)を高めるために、どのようにデザインに取り組むべきか、その方向性についてコンサルティングを行います。各分野の専門知識を持ったデザイナーが悩みを解決へと導きます。

スマートデバイス
ユーザーインターフェース(UI)デザイン

モバイルファーストの理念に基づき、近年急速に普及してきたスマートデバイス向けのシステム。デバイスの特性を考慮したユーザーインターフェース(UI)デザインを行います。

当社のデザインソリューションの強み

JIS X 8341-3制定への参画

当社には「ウェブアクセシビリティJIS(JIS X 8341-3:2010)」(*2)の制定に参画したメンバーが在籍しており、アクセシビリティ(*3)に関する技術と実績が豊富です。

ユーザーインターフェース(UI)デザインのプロが複数名在籍

HCD-net(人間中心設計推進機構)認定の「人間中心設計専門家」が複数名在籍しており、ユーザビリティ向上施策で多くの実績があります。

*2
JIS X 8341-3:2010 (ISO/IEC 40500:2012):高齢者・障がい者に配慮したWebコンテンツを作成する際の指針となるアクセシビリティに関する規格。
*3
アクセシビリティ:ソフトウェア、Webサイトなど、年齢や身体障がいの有無に関係なく、誰もが必要とする情報に簡単にたどり着け、利用できること。

ソリューション事例

申請パッケージソフト

複雑な申請業務を「分かりやすく」「簡単に」行うことをめざし、ユーザーインターフェース(UI)デザインを実施した事例です。機能エンハンスの繰り返しによりボタンが煩雑に配置され、非常に分かりづらい画面となっており、ユーザーから不満の声が上げられていました。

申請パッケージソフトの事例イメージ

そこで、デザインを刷新するとともにメニューを再構成するなど、分かりやすいユーザーインターフェース(UI) をめざし、ユーザビリティ向上の施策を行いました。お客さまからは「操作に関する質問・問い合わせが減り、サポート業務の負荷を軽減できた」との評価をいただきました。

対面式指導支援システム

ノートPCで行っていた業務をタブレット端末、およびスマートフォンに移行するにあたり、各デバイスの特徴を踏まえた操作性を提供し、現行業務からスムーズに移行することが課題となっていました。

対面式指導支援システムの事例イメージ

そこで、実際のシステム利用者へのインタビューや現システムのユーザビリティ評価を実施することでニーズや課題を把握し、『ユーザーの思い』を実現できるデザインを採用しました。また、プロトタイピングを用いたユーザー評価を繰り返し行い、徹底的に操作性にこだわりました。
これらを通じて、スマートデバイスに不慣れなユーザーでも、直感的に理解できるユーザーインターフェース(UI)デザインとなり、スムーズな移行を実現しました。

カタログダウンロード

デザインソリューションの最新版カタログをダウンロードいただけます。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

資料請求・お問い合わせ

デザインソリューションの詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

株式会社日立公共システム
営業第3部 担当:小野

電話番号03-5632-1226(直通)