ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立公共システム

自治体の文書管理を支える、3つの特長

「ADWORLD 文書管理システム」は、自治体業務における一連の文書業務をサポートし、膨大な量の文書情報を一元管理します。

お問い合わせフォーム
「ADWORLD 文書管理システム」に関する資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

【特長1】 処理中の文書を一覧表示することが可能

処理中の文書を一覧で表示することができます。
チェックリスト方式なので担当業務がどれだけ残っているのか、個々の案件はあと何をすればいいのかが一目瞭然です。

【特長2】 過去に遡って起案することが可能

申請漏れなど過去の文書を処理する必要が出てきた場合も、「ADWORLD 統合内部」なら特別な処理を必要とせず対応できます。

マウスだけで切り替え可能。過去の文書を当時の職で登録

1.文書登録画面、2.処理日付を変更、3.当時の所属・職に切り替わる、4.文書登録可能

未来の文書を予約登録

1.文書登録画面、2.処理日付を変更、3.今後のの所属・職に切り替わる、4.文書登録可能

【特長3】 部署や役職ごとに個別で参照権限の設定が可能

作成した文書の参照権限を設定することができます。
また、役職により操作権限も付与できます。文書ごと、役職ごとに必要な部分のみを使用することにより情報漏えいや不正使用などから文書を守ります。

資料請求・お問い合わせ

「ADWORLD 文書管理システム」の詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。