ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立公共システム

ライフサイクルにあわせた、文書情報の一元管理

「ADWORLD 文書管理システム」は、自治体業務における一連の文書業務をサポートし、膨大な量の文書情報を一元管理します。

お問い合わせフォーム
「ADWORLD 文書管理システム」に関する資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

収受から保存・廃棄まで文書業務をトータルでサポート。膨大な文書情報を一元管理できます。また、検索機能も充実しているため、過去の文書の検索・再利用を促進します。

[イメージ]「ADWORLD 文書管理システム」

文書業務

【受信箱】文書情報の一覧表示で、作業漏れや遅延を防止

確認、承認や公印押印の必要な文書の選定といった処理内容に応じて、自動振り分けします。業務の状況に合わせ、効率的に処理できます。

【収受・起案】入力作業を軽減し、簡単に文書登録

収受・起案文書を効率的に登録・一元管理します。また、受付から収受、収受から起案といった一連の作業をスムーズに実施。必要な項目の引き継ぎも自動的に行います。

【決裁】複雑な回議、合議など、多彩な決裁にも対応

複雑な決裁や状況変化に対応し、差し戻し、引き上げ、代理決裁をはじめ、決裁ルートや決裁者の変更ができる豊富な決裁機能を装備しています。
※「ADWORLD 電子決裁基盤システム」との連携時

【処理中文書一覧】担当している案件と進捗を管理

未処理の案件の残量や、案件ごとに必要な処理は何か、といった進捗状況を一目で把握できます。チェックリスト形式なので、処理忘れの心配もありません。

文書保存管理

【メンテナンス】毎年発生するメンテナンス業務をサポート

年度末(もしくは年始め)に発生するメンテナンス業務をサポートします。たとえば、文書ファイル情報なら、複製機能で簡単に作成することができます。

【検索】目的の文書がすぐ見つかる、簡単検索

文書ファイルの分類を階層だてて確認できるツリー表示を採用。ツリーをたどることでファイルの所在を簡単に特定できます。また、よく使う分類記号を直接入力して検索することもできます。

【保存・廃棄】手間のかかる文書管理の負担を大幅削減

文書ファイルの管理簿を簡単な操作で作成・更新できます。また、煩雑な文書の移管・廃棄作業を簡単・確実に行えます。また、公文書管理法※1に対応し、歴史的文書を公文書館に外部移管することが可能です。

※1 公文書管理法:平成23年4月1日施行 公文書等の管理に関する法律を指します。

資料請求・お問い合わせ

「ADWORLD 文書管理システム」の詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。