ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立公共システム

ADWORLD 電子決裁基盤システム

お問い合わせフォーム
「ADWORLD 電子決裁基盤システム」に関する資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

各業務システムで発生する決裁文書を統合管理できます。一覧表示された決裁文書から緊急度に応じた処理を行えます。さらに決裁文書への資料や付せん、コメントの添付をはじめ、決裁ルートの自動設定、差戻し、引戻しといった複雑な決裁事務にも対応します。

「ADWORLD 電子決裁基盤システム」の機能

各業務システムの決裁業務を一元化する「電子決裁基盤」

電子決裁機能をはじめ、職員ポータル画面の案件一覧件数表示機能、操作待ち案件到着時のメール連携機能など起案者、決裁者へのプッシュ型の情報配信で迅速な決裁処理を実現します。

システム連携時の作業負担を軽減する「汎用電子決裁オプション」

電子決裁基盤と他社の業務システムを連携する際に、カスタマイズを抑えるためのアダプターです。なお起案処理の機能を備えているため、業務システムと連携しない場合でも決裁業務を行うことができます。

優先順位を考慮した効率的な決裁事務の実現

イメージ画像

各業務システムで発生した決裁文書を一覧表示し、決裁待ちの文書とその優先順位を一目で把握できます。また、大量の文書が送られても、緊急度や文書の種類に応じてフィルタを個人設定し、特定の文書だけを表示することもできます。
さらに、文書の内容を把握している場合は、一件ごとに表示せず、複数件を一括して決裁できます。

兼務や日付のさかのぼりに対応

イメージ画像

職員の所属、役職、権限の情報は何年何月何日から何年何月何日までという期間で管理していますので、過去の日付にさかのぼった場合は、その日付時点の所属、役職、権限に応じて、適切な決裁処理を行えます。
また、同じ職員について複数の所属、役職で期間を重複して登録すると、兼務扱いとなり、兼務しているすべての所属、役職宛てに送られてきた文書を一覧表示できます。

資料や付せんを添付可能

資料や付せんを添付可能なイメージ画像

決裁文書に必要な添付資料は、Windowsで扱えるファイルにすると、そのまま添付できます。さらに、イメージスキャナでの読み取りが困難な設計図面やページ数の多い添付資料は、従来通り紙で送付できます。その場合決裁文書には、紙で送付する添付資料があることを明示し、添付資料の表紙用に、送付ルートを記載した送付票を自動作成することもできます。
「何月何日までに処理してください。」「何月何日付けで決裁してください。」といった事務上必要な注意事項を、決裁文書に付せんして添付できます。また、付せんとは別に、職員一人ひとりがコメントを付けることもできます。

資料請求・お問い合わせ

「ADWORLD 電子決裁基盤システム」に関する資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

株式会社日立公共システム
ソリューション営業部
担当:細貝、中澤、白石

電話番号03-5632-1233(直通)