ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立公共システム

優れた操作性を実現する機能

「ADWORLD 財務会計システム」は、自治体の新地方公会計制度に対応したトータルパッケージです。

お問い合わせフォーム
「ADWORLD 財務会計システム」に関する資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

蓄積されたデータを双方向で有効活用

機能図1

膨大なデーターベースから必要な情報をMicrosoft Excelに取り出し、さまざまな事務に活用できます。
また、Microsoft ExcelやMicrosoft Accessで作成した名簿などを、財務会計システムに取り込み、納入通知書や支出伝票の作成に役立てることも可能です。
さらに、区画整理や金融機関の再編、単価の改定などにかかわる情報を、Microsoft Excelで一括してメンテナンスすることもできます。

連続入力機能・複写機能により入力の手間を大幅に軽減

機能図2
※旧製品名のシステム画面

同じ科目や同じ相手方に対して、伝票の入力を連続して行う場合は、連続入力機能により何度も入力する手間を省くことができます。

また、複写機能により過去の伝票の必要なところだけを修正し、新たな伝票として発行することも可能です。

「科目通番」により科目コードの運用が容易

科目の入力は、科目通番を利用することができます。科目通番は最大でも6桁の番号で、歳入は会計コード〜説明コードの14桁、歳出は大事業コード〜説明コードの13桁と会計、款、項、目コードの合計21桁を特定することができます。

また、款、項、目コードが毎年の予算編成時に追加や廃止によって変更された場合でも、科目通番は影響を受けないため、科目コードの運用が容易になります。

資料請求・お問い合わせ

「ADWORLD 財務会計システム」の詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。