ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立公共システム

よくあるご質問(FAQ)

豊富なノウハウを生かし、高品質なマイグレーションを実現します。

お問い合わせフォーム
マイグレーションに関する資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

マイグレーションのよくあるご質問(FAQ)をまとめました。

オープン化移行支援サービスに関するよくあるご質問(FAQ)

Q.マイグレーションの料金体系について教えてください。

A.対象となるシステムの特性や環境、作業分担などにより、費用とマイグレーションにかかる期間は異なるため、一律に申し上げられません。当社にお問い合わせいただければ、お見積もりいたします。

Q.マイグレーションツールの貸し出しサービスはありますか?

A.マイグレーションツールの貸し出しサービスは提供していません。当社は、移行計画の策定・移行設計・オープン移行といったサービスをトータルで提供しています。これにより、高品質かつ迅速にシステムを再構築できます。ツール貸し出しだけでは確実なシステム再構築を実現できません。

Q.マイグレーションできないプログラム言語はありますか?

A.ミドルソフトウェアやユティリティなどは、移行先システムのミドルソフトウェアに入れ替えます。移行先にそのようなミドルソフトがない場合は、新規にアプリケーションソフトを開発する必要があります。

言語変換サービスに関するよくあるご質問(FAQ)

Q.言語変換サービスでは、どのような言語を対象としていますか?

A.言語変換サービスでは、PL/1、RPG、Q言語、Naturalといったメインフレーム上で動いていた各種言語を、オープン系COBOL言語などに変換します。またVisual Studioのバージョンアップなどオープン系言語の変換にも対応します。変換可能な言語の組み合わせや制約事項などがありますので、詳しくは当社までお問い合わせください。

Q.COBOLからJavaへの言語変換を検討していますが、性能面が心配です。

A.COBOLをJavaに変換後、性能が劣化することがあります。当社は性能が劣化する機能を特定し、その機能を「COBOL→Javaマイグレーションライブラリ」に取り込みチューニングすることで性能対策を行っております。あるお客さまでは、COBOLと同等もしくは性能改善したと評価をいただいております。

マイグレーション分析診断サービスに関するよくあるご質問(FAQ)

Q.概算金額提示のため、マイグレーションの費用を算出してもらえますか?

A.まずは当社オリジナルのヒアリングシートに必要事項をご記入ください。お客さまのシステムの概要を元に、概算費用をご提示します(お問い合わせいただければ、当社からヒアリングシートを送付します)。さらに、当社のマイグレーション分析診断サービスにより、対象システムの正確な規模の把握や、マイグレーションの流れ・費用感を把握いただけます。

当社オリジナルのヒアリングシートで、概算見積もりをよりスピーディーに。

資料請求・お問い合わせ

マイグレーションの詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

導入事例インタビュー

導入事例インタビューへ

当ソリューション・製品を導入されているお客さまの声をお届けします。

カタログダウンロード

マイグレーションサービス カタログダウンロードへ

マイグレーションの最新版カタログや各種サービスのリーフレットをダウンロードできます。

マイグレーション実績は160件以上! 総計約110メガステップ

自治体・官公庁をはじめ、幅広い業種・業界のマイグレーション実績があります。