ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立公共システム

導入実績・活用例

文字同定ソリューションは、外字データの整備・移行にかかるコストを削減し、一元管理された外字環境を整備します。

お問い合わせフォーム
文字同定ソリューションに関する資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

導入実績

文字同定ソリューションの導入実績です(2017年4月時点)。
下記記載のほか、民間企業のシステム統合や、JIS2004環境移行に伴う文字の整理にもご利用いただいています。

文字同定ソリューションの導入実績
業種 団体数
自治体 19団体
官公庁 9団体
各種連合会 10団体

文字同定ソリューションの活用例

【活用例1】 オープン化における文字を比較したい

メインフレームからのオープン化作業で、メインフレームの文字と同じ字形のオープン環境の文字を比較し、同じ文字を見つけることができます。

【活用例2】JIS2004規格に対応したい

JIS2004(JISx0213)規格の文字に対応する時に、JIS2004規格の文字と同じ字形の外字が既に登録済みかどうかを確認することができます。

【活用例3】複数業務システムの統合時に外字を統一したい

独自に外字を管理している複数の業務システムを統合する時に、業務システムごとに個別管理している外字を突き合わせて、同じ字形の外字を統一することができます。

【活用例4】IPA文字情報基盤・JIS2004規格文字を対応付けたい

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が公開する「IPA文字情報基盤」と外字との対応表の作成、IPAが公開するMJ縮退マップ(IPA文字情報基盤の文字からJIS2004規格文字への対応表)を用いた、外字とJIS2004規格文字との対応付けが可能です。

【活用例5】外字を似たような内字に対応付けたい

外字を扱えないシステムとデータ連携をするとき、外字を全て「●」などに変換するとどのような文字が連携されているか分かりません。近い内字に変換することで、連携先システムでは内容を理解しやすくなります。

資料請求・お問い合わせ

文字同定ソリューションの詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。