ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立公共システム

株式会社ミツバ様

短期間で401Kの規約改正に対応。退職一時金システムなどのパッケージも併せて導入し、信頼度の高いサービスを提供。

株式会社ミツバ様

短期間で401Kの規約改正に対応。
退職一時金システムなどのパッケージも併せて導入し、信頼度の高いサービスを提供。

「401K規約改正まで時間がない中、既存システムの改修はびっくりするくらい高価。日立GPの企業年金ソリューションは価格的にも機能的にも充分満足いくものだと判断し、すぐに導入を決めました。」
総務部 部長 青木茂樹様(右)、情報システム室 原口正男様(左)

株式会社ミツバ様は、群馬県桐生市に本社を置く企業です。総務部人事課(以下、本社人事課)では、子会社の株式会社オフィス・アドバン様(以下、OA社)とともに、グループ会社14社を対象とした401K、退職一時金の管理を行っています。

また、確定給付年金は、2005年の代行返上に併せて設立されたミツバ企業年金基金様(以下、基金)にて運用しています。2011年4月の401K規約改正に合わせたシステムの見直しを検討した結果、日立GPの「企業年金ソリューション」を採用することとし、401Kだけでなく、退職一時金、確定給付年金などのパッケージも併せて導入することで年金データの一元管理を実現しました。

お客さまの課題と導入効果

お客さまの業務
グループ会社14社の企業年金を2名で管理

グループ会社14社の企業年金を管理されているということですが、何名で担当されているのでしょうか?

総務部 人事課 米田暁子様の写真
総務部 人事課 米田暁子様

企業年金専任のメンバーはいません。本社人事課のメンバーが1名とOA社の1名が他の業務と兼任しています。企業年金は2(2はローマ数字)型での運用を行っていることから、月に1回委託先へのデータ提出を行っています。また、加入員からの年金額に対する問い合わせ対応を行っています。

お客さまの課題
既存システムの機能が不充分、改修費用も高価

401Kの規約改正への対応で、どのような課題がありましたか?

2010年の春ごろ、2011年4月に予定していた401Kの規約改正に向けてそれまで利用していた401Kのシステムを改修しようと考えていました。ところが、あるシステム会社へ改修費用の見積りを依頼したところ大変高価でした。元々、既存システムについて機能的にも満足していなかったのと、機能の改修に何百万もの費用が必要だったことも不満でした。さらに、既存システムは401Kにのみ対応しており、本社人事課だけを考えるとそれで良いのですが、基金で取り扱っている確定給付年金のデータと一元管理できていなくて本当に良いだろうか、という懸念もありました。

規約改正への対応以外に、企業年金の運営で困っていたことはありますか?

加入者から年金の試算を依頼された際に、当時は基金にお願いして計算していただくか、自分たちで電卓を使って計算して通知書を作成しなくてはならなかったので、時間と手間がかかっていました。試算は間違うわけにはいきませんので、大きな不安がありました。

選定の理由
パッケージで価格を抑えつつ、機能は充分

弊社の企業年金ソリューションを選んでいただいた経緯を教えてください。

わたしたちは、これらの課題をクリアできるパッケージ製品を探すことになりました。そのような状況で、本当にナイスタイミングとしか言いようがないのですが、日立GPからの企業年金ソリューションのDMが届いたのです。これはヒットでしたね(笑)。すぐに説明に来てもらいました。既存システムの改修に比べて、価格的にも機能的にも充分満足いくものだと判断できたので、すぐに導入を決めました。

開発〜導入時のエピソード
社内有識者を入れた定例会議や日立GPの提案型の問題解決により、システムに安心感を持つことができた

導入を決めていただいてから、稼働までのスケジュールがタイトだったとのことですが。

約半年の開発期間でした。わたしたちはシステムエンジニアではありませんので、頭で思っていることを要件に落とすという作業が苦手なところがあります。そこで、わたしたちの情報システム部門にお願いしてプロジェクトへ入ってもらい、仕様に関する懸案について専門の立場から意見を出してもらいました。毎週、本社人事課・基金・OA社・情報システム部門と日立GPで定例会議を実施して、懸案についてみんなで検討できたのも良かったですね。それがタイトなスケジュールでもきっちりしたものを作ることができた秘訣だと思います。わたしたちのシステムに対する理解も深まりました。

開発中に苦労されたことや、印象深いエピソードがあれば教えてください。

株式会社オフィス・アドバン 谷村美由紀様の写真
株式会社オフィス・アドバン 谷村美由紀様

苦労といいますか、日立GPの規約の読み込みがものすごく早かったのを覚えています。かなりの量の規約を一週間で読み終わっていた時は感動しました。その後の定例会議では、こちらがついていくので精いっぱいという状況でした。その他、開発中に何か問題が発生したときに、常に親身に接してくれたことが印象深いです。ダメとか無理とか言わないのです。「では、このようなやり方はどうでしょうか?」と常に提案してくれました。そういった意味で、本当に頼れるパートナーだったと思います。高い技術力と高い人間性を持って接していただいたというのがありますね。開発が進むにつれて、良い会社に頼んだな、と実感しました。

導入効果
年金データに対する安心感が飛躍的に向上し、問い合わせ対応もスピーディーに

システムを入れ替えていただいて、日々のオペレーションに変化はありましたか?

本社人事課の作業量はあまり変化がありませんが、データが蓄積されていくことで、将来的にどんどん楽になると思います。また、基金側は、これまでシステム化されていなかったので、劇的に変化したのではと思います。作業量よりも、データのクオリティが上がったと実感しています。基金側から受け取ってきたデータを今までは「点」で管理してきたので、そこに至った過程を取り出すのが困難でした。今回データベース化して本社人事課と基金で共有できたことで、その過程をしっかり把握して説明できるようになりました。これは、本社人事課にとっても、基金側にとっても大きな安心感につながっています。

年金試算の問い合わせ対応については改善されたでしょうか?

スピーディーに対応することができるようになりました。これまで加入者期間別係数など複雑な要素を加味しながら電卓で試算していたものを、今はいつ辞めたらいくら、という試算や年金額がいくらになるかがすぐに出せます。試算表の状態で出力できてそのまま渡すことができるので、本当に重宝しています。

今後の展望
Webシステム化をめざしたい

企業年金システムへのご要望はありますか?

現在は、システム自体がクライアントPCに導入されている状態です。データは別サーバーで管理しているのですが、Webシステムといいますか、シンクライアント状態ではないのです。会社のOAパソコンは既にシンクライアント化していますので、今後そのような状態にしていければと考えています。

[ 2012年5月取材]

お客さまメモ

株式会社ミツバ

株式会社ミツバ様の写真

1946年3月に株式会社三ツ葉電機製作所として創立され、創業50周年にあたる1996年にはCI(コーポレートアイデンティティ)を導入し、社名を株式会社ミツバとしました。「ミツバは、ミツバを愛しささえる人々とともに、社会と環境に調和した技術の創造を通して、世界の人々に喜びと安心を提供する。」を基本理念とし、自動車、二輪車、応用機器のモーターをはじめとする電装商品の開発、製造、販売を行っています。
(左から、米田様、執行役員 兼 ミツバ企業年金基金 常務理事 武信幸様、青木様、谷村様)

導入事例リーフレットをダウンロードできます

*
本事例中に記載の内容はインタビュー当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
*
日立公共システムエンジニアリング株式会社は2014年1月より、株式会社日立公共システムに社名を変更しました。
*
本事例中の「日立GP」は、株式会社日立公共システムを略称として表記したものです。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

資料請求・お問い合わせ

企業年金システムソリューションの詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

導入事例インタビュー

導入事例インタビューへ

当ソリューション・製品を導入されているお客さまの声をお届けします。

カタログダウンロード

企業年金システムソリューションのカタログダウンロードへ

企業年金システムソリューションの最新版のカタログをダウンロードできます。

企業年金ソリューションの導入実績へ

確定給付企業年金から退職一時金制度まで、さまざまな年金制度のシステム化に対応してきた豊富な実績があります。