ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立公共システム

お問い合わせフォーム
自治体向けCMS「4Uweb/CMS」に関する資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

当機能を標準機能として搭載した自治体向けCMS「4Uweb/CMS」は、2015年2月より販売開始しています。データカタログサイト(*)と連携し、オープンデータ登録作業の一元化・効率化を実現します。

*
データカタログサイトとは、オープンデータの情報を公開し横断的検索を可能とすることで、オープンデータを利用しやすくするためのポータルサイトのことです。

オープンデータの推進

2013年6月、日本政府はオープンデータに関する戦略を含む「世界最先端IT国家創造宣言」を閣議決定し、オープンデータを推進することを宣言しました。
「世界最先端IT国家創造宣言」には、各府省庁は2014年度からデータカタログサイトの本格運用を開始し、2015年度末までに他の先進国と同水準の内容でオープンデータを公開することが目標として設定されています。また、2014年6月に発行された改定版には、地方公共団体においてもオープンデータの取り組みを促進し、保有データを効果的に活用するための技術開発や基盤構築、取り組み方針の整理などを行っていくことが明記されています。

既に一部の行政機関では保有データのオープンデータ化に着手し、データカタログサイトへの登録作業を進めており、今後は、オープンデータに関する取り組みの推進が更に求められます。

「4Uweb/CMS」の導入効果

ホームページとデータカタログサイトを個別に運用している場合、それぞれのサイトでオープンデータを登録・管理しなければならないため、職員の作業負荷がかかります。

CMSとデータカタログサイトそれぞれにデータを登録します。

「4Uweb/CMS」導入後

自治体向けCMS「4Uweb/CMS」を導入すると、コンテンツを作成する際に、該当箇所にチェックをつけるだけでホームページと同じ内容がデータカタログサイトにも公開されるため、登録作業の効率化が図れます。
登録後も、データの更新や削除はもちろんのこと、データカタログサイトのみ情報を非公開にすることも可能です。

登録は1回で効果的。CMSでデータを登録すると、ホームページとデータカタログサイトに公開されます。

関連サービス

データカタログサイトの導入

データカタログサイトを導入すると、利用者がオープンデータをより検索・取得しやすくなるだけでなく、他組織が運営するデータカタログサイトとの連携も可能となります。
データカタログサイトの導入を検討されているお客さまは、こちらのサービスをご覧ください。

オープンデータに関するトータルソリューション

日立グループが提供する「オープンデータソリューション」は、政府のオープンデータ施策の支援により培った経験や技術を元に、官公庁・自治体のオープンデータ推進をトータルでサポートします。
当社の「4Uweb/CMS」は、「オープンデータソリューション」のラインアップ「オープンデータ対応CMS導入サービス」として提供します。

資料請求・お問い合わせ

自治体向けCMS「4Uweb/CMS」の詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。