ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立公共システム

Google Maps API プレミアムプラン

世界中で多くのユーザーに親しまれている Googleマップ を、自治体の地図情報へ活用しませんか?

お問い合わせフォーム
「Google Maps API プレミアムプラン」に関する資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

※株式会社日立公共システムは、Google for Work パートナーです。

自治体職員と地図情報のイメージ図

官公庁や自治体などの公共機関においては、地図情報の多くを紙で管理しており、高額な地図購入費用や更新作業などが負担となっています。また、既に地図システムを導入している団体においては、GIS(地理情報システム)が用いられる場合が多く、GISを使用したことのない人にとっては操作が難しい上に、導入・維持費用が負担となっています。

当社では、自治体向けCMS「4Uweb/CMS(フォーユーウェブ シーエムエス)」を50以上の自治体に導入しており、自治体ホームページにおいて Google マップ の標準プランを活用した「市内施設マップ」を提供しています。

このたび、自治体ホームページのみならず、庁内の業務にも Google マップ を有効に活用していただくため、当社は2016年4月より「Google Maps API プレミアムプラン」の販売を開始しました。ストリートビューや動態管理などの機能を生かした Google マップ のさらなる活用を、全国の官公庁・自治体に提案してまいります。

官公庁や自治体のお客さま、地図に関して、お困りではありませんか?

  • Google Maps API の標準プラン(無償版)を外部サイトで使用しているが、庁内の業務にも活用したい。
  • Google マップ の操作性に慣れているため、独自の地図システムは使いづらく感じる。
  • 地図情報と自治体で持っている情報を統合し、防災計画の策定などに役立てたい。
  • ホームページで地図と連動し、わかりやすく情報を発信したい。
  • 現状の地図システムの機能をスリム化し、価格を下げたい。

そのお悩みを「Google Maps API プレミアムプラン」が解決します。

「Google Maps API プレミアムプラン」に関する最新のニュースリリース

「Google Maps API プレミアムプラン」 価格表

導入したいサイトの性質や用途に合わせて、「公開サイト向け」「非公開サイト向け」のプランがあります。その他、動態管理なども別料金体系にて対応できますので、ご相談ください。

Google Maps(TM) API プレミアムプラン
名称 価格(税別)
公開サイト向けプラン 120万円〜
非公開サイト向けプラン 120万円〜

価格とプランの詳細は、以下 Google のページをご参照ください。

官公庁や自治体における利活用事例

  • 【例1】オープンデータを地図上に展開し、ホームページでより分かりやすい情報を提供
  • 【例2】段差の有無や通路の状態なども確認できる Google ストリートビューを活用した施設案内を公開
  • 【例3】庁内で管理している、非公開の設備情報や福祉情報、防災情報などを地図上で一元管理

「Google Maps API プレミアムプラン」を活用した地図サービスの導入メリット

  • 【メリット1】アクセスが集中する災害発生時でも閲覧・操作可能
  • 【メリット2】イントラネット環境などの非公開サイトにも導入可能
  • 【メリット3】99.9%の動作保証

カタログダウンロード

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

資料請求・お問い合わせ

「Google Maps API プレミアムプラン」の詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

株式会社日立公共システム
ソリューション営業部
担当:細貝、中澤、白石

電話番号03-5632-1233(直通)