ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立公共システム

埼玉県狭山市様

埼玉県の自治体で初めてウェブアクセシビリティJISに準拠。
操作しながらアクセシビリティを学べるCMSで、大幅な効率向上を実現。

埼玉県の自治体で初めてウェブアクセシビリティJISに準拠。
操作しながらアクセシビリティを学べるCMSで、大幅な効率向上を実現。

インタビュー写真

「アクセシビリティは技術論ではなく『心』。
 システムに恥じないホームページを自分たちで作り上げたい。」

狭山市役所 総合政策部 広報課
 課長 宮崎 昌美様(左)
 広報担当主査 日出間 謙一様(中央)
 主事 丸山 梢様(右)

狭山市様ホームページ
狭山市様ホームページ

埼玉県狭山市(以下:狭山市)様は、ホームページの作成や管理を行う自治体向けCMS(コンテンツマネジメントシステム)「4Uweb/CMS(フォーユーウェブ/シーエムエス)を導入し、埼玉県の自治体で初めてウェブアクセシビリティJISの等級AA(一部AAAの達成基準を含む)に準拠しました。
狭山市様ではアクセシビリティということばが広まる以前からその重要性を認識し、手作りでウェブアクセシビリティに配慮したホームページを運営していました。また、モバイルサイトが全国の自治体で初めて全キャリアの公式メニュー登録を達成したことで話題となりました。今回のCMS導入後も、庁内で職員への啓発活動を継続し、ウェブアクセシビリティに対する意識向上を図っています。

狭山市の広報活動方針
全ての方に公正に、求められている形で、タイムリーな情報提供を

- 狭山市の積極的な広報活動には定評がありますが、活動方針をお聞かせください。

情報というのは、配信するまではただの素材でしかありません。その情報に「いかに価値を持たせるか」が重要です。全ての方に、今求められている形で、わかりやすくタイムリーに伝えることが広報の役割だと思っています。そのため、こちら主導のメッセージではなく、「伝える」から「伝わる」情報に変わるよう表現を工夫しています。また、利用者が多い少ないではなく、欲している人が1人でもいるなら情報を出すのが行政の役割だとも思っています。

ウェブアクセシビリティを重視し始めた経緯
モバイルサイト公式登録・キッズページ開設をきっかけに、ウェブアクセシビリティの重要性を認識

- ウェブアクセシビリティを重視し始めた経緯は何でしたか?

広報課課長 宮崎 昌美様
広報課課長 宮崎 昌美様

2003年のモバイルサイト公式登録、2006年のキッズページ開設の際、全ての方にわかりやすく情報を伝える重要性を強く感じました。その頃から、庁内ではウェブアクセシビリティ研修を開催したり、月2回メルマガで各課のIT推進委員にアクセシビリティの事例を紹介するなどして、意識の共有を図ってきました。

- 2003年にモバイルサイトを公式登録した際のエピソードをお聞かせください。

地域づくり総務大臣表彰
地域づくり総務大臣表彰

2003年に宮城県で発生した地震をきっかけに、災害時対応を意識し始めました。災害時にモバイルサイトで緊急情報を配信しても、皆さんがサイトを探せなかったら意味がありません。そこで、公式メニューの欄に狭山市のモバイルサイトが常に掲載されるよう公式化を決意し、全キャリアに公式登録したのです。また、障がい者の利便性向上のため、約300ページの障がい者向け福祉情報をモバイルサイトに公開しました。こういった取り組みが評価され、総務省が毎年実施している「地域づくり総務大臣表彰」の情報化部門にて、「平成18年度地域づくり総務大臣表彰」を受賞しました。

ホームページ運営の課題
手作業でタイムリーに情報を配信するため、多大な労力が必要だった

- 現在のホームページにリニューアルする前は、どのようにホームページを運営されていましたか?

以前は、手作りでホームページを運営していました。2004年にCMSの導入を検討しましたが、当時のCMSは機能が少ないわりに高額でした。また、CMSに頼ると職員が自らウェブアクセシビリティを考えなくなってしまうと思い、その時は導入を見送りました。しかし、タイムリーな情報配信をするには大変な手間と時間がかかっていたのです。
ウェブアクセシビリティの基準は今後さらに厳しくなると予想していたので、やはりCMS導入は必須と考え、必要な仕様や導入時期を検討していました。

日立公共システム選定の理由
期待を上回る提案とウェブアクセシビリティに対する熱意 システムの操作性もポイント

- ソリューション導入にあたり、当社を選定いただいた理由は何でしたか?

広報担当主査 日出間 謙一様
広報担当主査 日出間 謙一様

システムの提案依頼書を作成する際、必要と思う仕様は妥協せず全部入れました。かなり無理な依頼でしたが、その方が逆に業者の真剣さがわかると思ったのです。また、システム選定委員はみな同じ視点で評価できるよう、事前研修も行いました。そしてわたしたちの理想に限りなく近い提案をしてくれたのが「4Uweb Webユニバーサルデザインソリューション」だったのです。
日立公共システムから「全ての依頼事項に対応する」と聞いた時は正直驚きました。ウェブアクセシビリティについての解説も良かったですね。また、マニュアルを見ずに簡単に操作できる使い勝手の良さも選定のポイントでした。

ソリューション導入の効果
効率向上だけでなく、操作しながらアクセシビリティを学べる

- システムの操作性や導入効果についてお聞かせください。

主事 丸山 梢様
主事 丸山 梢様

導入前と比較すると、作業負荷が大幅に軽減しました。各課の職員が手作業でhtmlを入力しなくても簡単にコンテンツを作成できますし、タイムリーな配信が可能となりました。また、エラーチェック機能があるので、必然的にウェブアクセシビリティにのっとったページを作ることができて、間違いがあっても公開前に防ぐことができます。その際、どこを間違えているかわかるようにガイダンスが表示されるので、注意しなければならない点を再確認でき、非常に助かっています。
当初、CMS導入により職員がウェブアクセシビリティ学ばなくなることを懸念していましたが、操作しながら学べるという点で、「4Uweb/CMS」は大変優れています。わたしたちはそういった機能を期待していたのです。

- 当社が開催している「自治体Webサイト運営者交流会」や「アクセシビリティ研修会」についての感想をお聞かせください。

自治体Webサイト運営者交流会
自治体Webサイト運営者交流会

ユーザー会というと、新製品の紹介やITトレンドの説明など、いわゆる勉強会であることが多いのですが、自治体Webサイト運営者交流会は「4Uweb/CMS」を実際に操作している方が集まり、システムをもっとよくするために話し合っています。それぞれの自治体が抱えている悩みやホームページの運営方法などを共有できるので、大変勉強になります。参加者同士名刺交換して、ユーザー会の後も情報交換を続けています。

今後の取り組み
「災害時にこそ役立つホームページ」をめざし、平常時からの情報充実およびクラウド化を検討したい

- 今後は、どのような点に取り組んでいきたいと考えていますか?

SNSの開設なども検討していますが、第一には、災害時・緊急時にホームページが機能するよう、クラウド化を検討中です。いざと言うときにこそ役立つべきホームページが、平常時しか機能しないのでは意味がありません。また、災害時・緊急時に見てもらうためには、「平常時にいかに利用してもらえるか」だとも思っています。平常時にリピーターが少ないと、いざという時に緊急情報を出しても受け取ってもらえませんので、常にホームページに興味を持ってもらえるような工夫をしていきたいです。
また、わたしたちはアクセシビリティは技術論ではなく「心」だと思っています。これからは、システムに恥じないホームページを自分たちで作り上げていきたいです。

[ 2013年6月取材]

お客さまメモ

埼玉県狭山市

埼玉県狭山市庁舎の外観

狭山市は、埼玉県南西部、入間川流域にある人口約15万5千人の市です。南西から北東に入間川が流れ、その低地を挟んで北西側は入間台地、南東側は武蔵野台地となっています。都心からも近く、利便性と優れた環境、立地条件などから、昭和50年代には住宅開発が進み、人口が急増しました。都市公園整備事業にも注力しており、緑が多く快適でうるおいのある生活環境を市民に提供しています。

狭山茶

また、入間市、所沢市とともに「狭山茶」の主産地として知られています。他の茶産地より北に位置し、寒さを乗り越えることで深まる濃厚な味わいが特徴と言われています。インタビューの時も冷たい狭山茶をいただきました。

導入事例リーフレットをダウンロードできます

*
本事例中に記載の内容はインタビュー当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
*
日立公共システムエンジニアリング株式会社は2014年1月より、株式会社日立公共システムに社名を変更しました。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

関連リンク

資料請求・お問い合わせ

4Uweb Webユニバーサルデザインソリューションの詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。