ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立公共システム

滋賀県草津市様

滋賀県内の自治体で初めてウェブアクセシビリティJIS「等級AA」に準拠。
増加する若い世代をターゲットとした施策も取り入れ快適なホームページを実現。

※本事例は、株式会社日立システムズ関西支社が受注し、当社が構築・運用を行ったものです。

滋賀県内の自治体で初めてウェブアクセシビリティJIS「等級AA」に準拠。
増加する若い世代をターゲットとした施策も取り入れ快適なホームページを実現。

インタビュー写真

「公開中のホームページをアクセシブルなものにするには大変な労力が必要でした。リニューアルの時期を迎え、「等級AA」へ準拠したホームページを構築するタイミングは今しかない!と思いましたね。」

草津市役所 総合政策部 広報課
 課長 長 源一様(前列左)
 広報グループ長 奥谷 美津子様(後列右)
 谷部 奈緒子様(前列右)、宮田 和沙様(後列左)

草津市様ホームページ
草津市様ホームページ

滋賀県草津市様は、2013年10月にホームページのリニューアルを行い、滋賀県内の自治体では初めてとなるウェブアクセシビリティJIS(JIS X8341-3:2010)の「等級AA」に準拠しました。
草津市様では若年層やファミリー世帯の住民が増加していることを受け、スマートフォン対応やフラットデザイン※の採用など、若い世代をターゲットとした施策も取り入れることにより、市民にとってより快適なホームページをめざしています。
※フラットデザイン・・・質感や立体感のない、各機能が一目でわかるようなシンプルなデザイン。Windows8などで採用され、近年デザインのトレンドとなっています。

ウェブアクセシビリティJIS「等級AA」への想い
ホームページを運営しながらアクセシビリティへ対応させていくことの難しさを痛感

- ホームページリニューアル前、アクセシビリティへはどのように対応されていたのですか?

アクセシビリティに問題のあるページを見つけた際に、広報課から各課のホームページ担当者に対して個別にアドバイスしていたのですが、そもそもアクセシビリティとは何なのか、なぜ必要なのかということを理解してもらうのがなかなか難しい状況でした。ユニバーサルデザインや人にやさしい施策というような概念は、どの職員も重要だと意識していたとは思うのです。ただ、それぞれの業務分野で対応できていても、ホームページでも同じような配慮が必要であるというところまで結びついていなかったのだと思います。すでに莫大な記事を公開していて、多くの職員が携わっているホームページを、途中からアクセシビリティに対応させていくことは非常に難しいことなのだと思っていました。

- ホームページを全体的にアクセシビリティ対応させることには相当な困難があるのですね。

はい。なかなか統一的なアクセシビリティ対応ができず悩んでいたところ、ホームページをリニューアルするタイミングがやって来たのです。総務省推奨「みんなの公共サイト運用モデル」でも2014年度末までにウェブアクセシビリティJISの「等級AA」に準拠することが望ましいとされている状況で、ホームページ全体をアクセシビリティに対応させるには「このタイミングを逃してはいけない!」と思いました。

日立公共システム選定の理由
ウェブアクセシビリティをどうやって実現するのか具体的な提案があり、信頼感を持った

- リニューアルのパートナーに当社を選定いただいた理由は何ですか?

ウェブアクセシビリティに精通していたところですね。今回のリニューアルでは「等級AA準拠」を命題としました。ウェブアクセシビリティについてはわたしたちでも研修に参加するなどして勉強していたのですが、自力で等級AAに準拠することは難しいということが分かっていましたので、そこをサポートしてくれる業者ということを一番に考えました。より良いものを実現し、成功するかどうかは、パートナー選びが大変重要です。いくつかの業者の提案を受ける中で、日立公共システムが一番信頼できると判断しました。

- 具体的にはどのような点が信頼できると感じましたか?

こちらが挙げた「新しいホームページでやりたいこと」に対して、できることとできないことをはっきりと明示して、できない場合も、代わりにこういうことならできますというのを必ず提案してくださいました。ウェブアクセシビリティについても同様で、どのようにして等級AAを実現するのかを具体的に示していただけたので、アクセシビリティへの強い対応力も伝わってきまして、ここなら任せられるという安心感がとてもありました。

リニューアルの効果
職員のアクセシビリティに対する意識が格段に向上

- 職員の方のウェブアクセシビリティに対する意識に変化はありましたか?

公開前に日立公共システムに実施していただいた「アクセシビリティ研修」が大変好評で、参加してくれた職員はアクセシビリティについて考えてくれるようになりました。アクセシビリティは、技術的な要素も大切ですが、精神面の伝わり方というのが大事だと思っています。研修のおかげで、アクセシビリティがなぜ必要なのか、これをさまざまな人がどのように利用されるのか、ということを想像しながらページを作ってくれるようになりました。各課にて、自分たちで作成したホームページを音声で読み上げて「もっと良い読み上げができないか?」と相談を受けることもあり、広報課としてうれしい限りです。職員のアクセシビリティへの意識は格段に向上したと言ってよいでしょう。
さらに、CMSではアクセシビリティに配慮できていない原稿を自動でチェックしてくれます。4Uweb/CMSが優れていると思うのは、そのチェック結果が分かりやすく、どこをどのように直せばよいのかが直感的に理解できるようになっていることです。
また、アクセシビリティ以外の面でも、多くの実績を持つ日立公共システムのノウハウを生かした、利用者視点の情報構成になったことで、職員も利用者視点に立つようになり、よりわかりやすいホームページになってきていると感じます。

- CMSの使い勝手に対する職員の方の評判はいかがでしょうか?

職員から「すごく直感的で分かりやすい」と好評です。簡単な操作で統一されたデザインのきれいなページが出来上がるので楽しいという意見もありました。その結果、以前はあまり情報を公開していなかった課からも、ページの更新に意欲的な職員が増えてきまして、前よりも記事が充実してきたと思います。
また、導入前はあまり意識していなかったのですが、マニュアルが非常に分かりやすく好評です。CMSを初めて使う職員にも、「とりあえずマニュアルを見てください」と伝えるとそれでだいたい分かってくれます。こちらの問い合わせ対応にかかる労力も軽減されました。

- 今回スマートフォン対応ページも開設されました。

草津市はいま、若い世帯の流入が非常に増えてきています。スマートフォン対応も、フラットデザインの採用も、そのような世代を狙っての施策です。リニューアル後のパソコンとスマートフォンのアクセスの割合は4対1程度で、記事によっては1対1となるようなものもありました。今後はスマートフォンからのアクセスがもっと増えていくでしょう。

今後の展望
災害情報の提供など危機対応を強化したい

- 今後は、どのような点に取り組んでいきたいとお考えですか?

近年、全国的に大きな自然災害が増えてきています。今後は、災害時の情報提供に取り組みたいです。市内にはコミュニティFMの放送局があり、その電波を利用して一斉放送ができるようになっているのですが、さらに広く情報を伝えるためにはスマートフォンサイトを含めたホームページの活用が必須だと考えています。

最後に、日立公共システムは、リニューアル作業中だけでなくホームページ公開後も次々に新たな提案をしてくれて、わたしたちと同じ想いで草津市のホームページを作り上げてくれている頼もしいパートナーです。これからも色々な知恵を出し合って、1人でも多くの人に情報が届けられるようなホームページにできるよう、継続的に改善していきたいと考えています。

[ 2013年12月取材]

お客さまメモ

滋賀県草津市様

滋賀県草津市庁舎の外観

草津市様は、滋賀県の南部に位置しており、滋賀県下で中心的な役割を果たす都市となっています。JR東海道本線(琵琶湖線)・草津線、国道1号・名神高速道路・新名神高速道路など日本を東西に結ぶ交通網を有しており、大阪・京都など関西中心部への通勤・通学の利便性の高さから若い世帯の流入が増えています。東洋経済新報社が公表する2013年の住みよさランキングでは、草津市様が近畿エリア111都市の中で1位を獲得しました。

草津市広報キャラクター「くさみぃ」

草津市広報キャラクター「くさみぃ」
草津市様では、広報キャラクターとして「くさみぃ」を制作しています。広報紙「広報くさつ」や草津市公式Facebook(フェイスブック)ページで案内役として活躍中です!

*
本事例中に記載の内容はインタビュー当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。

導入事例リーフレットをダウンロードできます

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

関連リンク

資料請求・お問い合わせ

4Uweb Webユニバーサルデザインソリューションの詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。