ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立公共システム

ご使用いただいております漢字かなめ製品に対して、機能追加を行った「漢字かなめWeb V04-00」、新たに「漢字かなめ/コード変換NEX」を発行しました。

漢字かなめWeb V04-00

下記の追加機能をサポートしました。

発行製品名称

発行製品名称
漢字かなめ/サーバWeb(Apache Tomcat版) V04-00(G-99590255S)
漢字かなめ/サーバWeb(uCosminexus版) V04-00(G-99590256S)
漢字かなめ/サーバWeb(JBOSS版) V04-00(G-99590261S)
漢字かなめ/五萬悦検索Web(Apache Tomcat版) V04-00(G-99590255G)
漢字かなめ/五萬悦検索Web(uCosminexus版) V04-00(G-99590256G)
漢字かなめ/五萬悦検索Web(JBOSS版) V04-00(G-99590261G)
漢字かなめ/手書き検索オプションWeb(Apache Tomcat版) V04-00(G-99590255T)
漢字かなめ/手書き検索オプションWeb(uCosminexus版) V04-00(G-99590256T)
漢字かなめ/手書き検索オプションWeb(JBOSS版) V04-00(G-99590261T)
漢字かなめ/XKP環境向け配信 V04-00(G-99590317)
漢字かなめ/簡体字等正字変換オプション V04-00(G-99590324)
漢字かなめ/文字情報基盤対応オプション V04-00(G-99590323)

追加機能

  1. Windows Server 2012 に対応しました。
  2. PostgreSQLに対応しました。Tomcat、JBOSSと組み合わせることで、導入費用が抑えられます。
  3. IPA文字情報基盤(*)のIPAmj明朝フォントを、内字用フォントとして使用可能となりました。
  4. マルチテナントに対応しました。1筐体で、複数の漢字かなめWebが稼働できるようになりました。
*
IPA文字情報基盤は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)によって整備された共通の文字情報基盤です。

漢字かなめ/コード変換NEX

新たに下記の製品を発行しました。

発行製品名称

発行製品名称
漢字かなめ/コード変換NEX(サーバOS版) V01-00(G-99590341)
漢字かなめ/コード変換NEX(クライアントOS版) V01-00(G-99590339)

主な機能

  1. 既存製品の「漢字かなめ/コード変換EX」機能を使用できます。(後方互換)
  2. 住基ネット統一文字コードや、IVSなど、変換できるコードの種類を追加しました。
  3. 同じ文字コード同士の変換が可能です。
  4. 全角文字と半角文字の相互変換が可能です。(ガ⇔ガなど)
  5. 最新のOSに対応しています。(Windows Server 2012、Windows8)
  6. 複数の文字コードが混在するデータの変換が可能です。
  7. IPA文字情報基盤の文字番号(MJ文字図形名)と各種文字コードの変換が可能です。
  8. コード変換実行やパラメータファイル作成を行うGUIを同梱しています。
  9. 「漢字かなめWeb」と連携し、文字コード変換テーブルのメンテナンス、配信管理が可能です。

※5について、Windows Server 2012 はサーバOS版のみ対応しています。
※6〜9は、サーバOS版のみ対応しています。

バージョンアップ・リビジョンアップについて

保守サポートサービスを契約済みのお客さまには、バージョンアップは割引価格、リビジョンアップは無償にてご提供いたします。ご希望の方は、以下のページの製品サポートお問い合わせ専用フォームよりお問い合わせいただくか、担当営業・SEまでご連絡ください。